DHA

アラキドン酸を牛肉で摂取する

これは魚やレバー卵などにも、多く含まれていますが一番多く含まれているのは、牛肉と言われていて、海外の人たちはよく牛肉を食べるようです。
このアラキドン酸も、たくさん取れているようですね。
しかし海外の人の体の中と、日本人の体の中は、違うので牛肉をできるだけ摂取することは、いいことですが、食べ過ぎには注意しましょう。

そして海外人がスタミナがあるのは、日本人が昔から米と魚で育ってきたのに対して、海外の人は肉とミルクで育ってるので、これは仕方のないことです。
また牛肉と言っても、なかなか難しいかもしれないですが、週に3、4回は何か肉を食べるようにすると、良いですね。
高齢になるに従って、蕎麦やうどんなど、胃腸に負担をかけない優しいものが食べたくなりますから、積極的に肉を食べるようにしましょう。

特に働き盛りの時は、スタミナが何よりも大切ですから、スタミナをつける意味でも、アラキドン酸を摂取する意味でも、たくさん肉を食べると良いようです。
ですから簡単に言うと、ベジタリアンなどと言う人たちは、肉を食べないのでアラキドン酸を、卵や魚などで、摂るようにしてるようですね。
このように、アラキドン酸は、牛肉に多く含まれていますので月に1、2回はステーキなどを、食べるようにしてみてはいかがでしょうか。
アラキドン酸はうまみを作り出しているのでおいしいのです。